<< August 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
SEARCH

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2007.12.27 Thursday  | - | - | - | 

これは体罰じゃないだろ。

<兵庫・北条高>部活顧問が体罰「国体県予選に出るな」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071227-00000071-mai-soci

個人的には、現代の体罰ダメ!絶対!な流れはどうかと思っている。
悪いことをしたら正座させられたり、ある程度の痛みを伴う制裁は問題ないだろう。
それがエスカレートして大きな怪我や精神疾患になったらダメだけど、体罰自体を否定することはできないと思っている。

で、今回の件、これは体罰ですらないだろう。
生徒側にいったいどんな非があるんだ?
記事を読む限り、生徒が自分の思い通りにならないことに腹を立て、暴力に及んだようにしか見えない。虐待やパワハラに相当するものだと思うが。
2007.12.27 Thursday 19:05 | comments(17) | trackbacks(0) | ニュース | 

冤罪大国日本!

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/trial/91300/

開いた口が塞がりません。。判決理由を知りたいですね…。
タイトルの冤罪大国はいわゆる釣りですが、今回の事件に関しては冤罪の疑いがかなり強いんじゃないかと思っています。

とりあえずこれを読んでみてください。
http://yuutama1.blog.shinobi.jp/


もちろん植草氏寄りの意見ですから、鵜呑みにできない人もいるでしょう。

ただ、

・痴漢は親告罪であるにも関わらず、なぜ被害者不在で裁判が進んでいるの?
 痴漢された女子高生はどこいっちゃったの?
 被害者が訴えたなら被害者も法廷には出てくるべきだし、被害者が訴えてないなら裁判にならないよね。

・第三者から検察の主張を否定する証言が出たわけだけど、なんで有罪になるの?
 そもそもこの第三者の証言は、まともに報道されていません。
 報道では、植草氏の無罪を決定づけるものではなかった、とかなんとかだったかなぁ。
 確かに、植草氏の有罪を決定づけるものではなかったけれど、検察の証言は完全に否定できているんですよね。

この2点は意見や推測でなく、事実ですよ。
こんなおかしな事件で有罪になってしまう国なんですか、日本は。
続きを読む >>
2007.10.16 Tuesday 11:50 | comments(1) | trackbacks(5) | ニュース | 

マスゴミの代名詞になる日も近いんじゃないか。

亀田事件の裏で、TBSがまたやらかしたらしい。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0710/15/news008.html
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/91045
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/91101/

要するに TBS が番組内でオタク叩きをしたと。

正直自分も、アニメやらフィギュアやら見ながらニヤニヤしているのを端からみたら、気持ち悪いと思う。
けど、そんなのアニメやフィギュアや、いわゆるオタクと称される趣味に限った話じゃない。一般的な趣味でさえ、興味がない人から見れば理解できないし、度が過ぎれば気持ち悪いもんだ。

大抵の人は、そのあたりを理解していて場をわきまえて行動できる。具体的には、趣味を同じくするもの同士でもなければ、聞かれない限り自分の趣味について熱く語ったりなどしないし、周囲の目がある中で自分の趣味に没頭したりもしない。
オタクにしたってそれは同じことだ。

もちろん場をわきまえない人もいるし、そういう人は気持ち悪いと言っていいと思う。でもそれはその人そのものが気持ち悪いわけであって、その人と同じ趣味の人全てが気持ち悪いことにはならない。


今回 TBS は、他人の趣味を聞きだし、さらにその趣味と関係ない個人の嗜好を拾い上げ、世間に「この趣味の人たちはこんなに気持ち悪い」と報道したわけだ。

小学生のイジメか?
こんなマスメディアはさっさと淘汰されるべきだ。
2007.10.15 Monday 18:18 | comments(0) | trackbacks(0) | ニュース | 

禁煙学会は確かにちょっとおかしい。

養老孟司の超刺激発言 「たばこの害根拠なし」「禁煙運動はナチズム」
http://news.livedoor.com/article/detail/3311101/
たばこ無害の根拠示せ…禁煙学会、養老氏らに質問状
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/science/84748/

まぁ、問題の記事を読んでないのですが…。


禁煙学会も無茶なことを言いますね。
「タバコが無害でないことの根拠を出せ」と言われても、否定の証明はできませんからね。そもそも相手の主張を否定したいのであれば、否定できるだけの根拠を出すのが筋じゃないですか。

自分がすべきことはせず、できないことを要求して攻撃していくようじゃ、「禁煙運動家はたばこを取り締まる権力欲に中毒している」なんて言われても仕方ありません。

実際、ここにはかなり同意できます。
(禁煙運動家≠非喫煙者です。念のため)

続きを読む >>
2007.09.19 Wednesday 20:21 | comments(1) | trackbacks(0) | ニュース | 

リンクなしトラックバックの拒否機能を利用することにしました。

トラックバックをめぐる4つの文化圏

これによるとトラックバックを利用する人々は、
・言及リンク文化圏
・関連仲間文化圏
・ごあいさつ文化圏
・spam文化圏
の4種類があるそうです。

で、自分は基本スタンスとして言及リンク文化圏なわけです。
このブログにも、明らかなスパムの他に、関連仲間文化圏?と取れるようなトラックバックがありまして、自分の感覚からすると、こちらの記事への言及がない以上スパムと同列に捉えておりました。

しかしながら、文化の違いを理解すると、意外と異文化って面白いんですよね。
言及リンク文化圏の方々は、ウェブに対する理解が高く、本来の意味でトラックバック機能を使おうと考えています。
それに対し、関連仲間文化圏の方々へは、ウェブへの理解が浅いとは思いませんでした。むしろ「頭が柔らかい」でしょうか。
spam文化圏にも共通しますが、「使える機能」を使って「便利になる」ならそれでいいといった考えが見え隠れします。
もともと想定されていない使い方でも、それで皆が利益を得れるのであれば、良いと思うんですよ。スパムは論外ですけど。
もちろん文化の違いによる衝突はあると思うので、そのあたりの住み分けは必要ですけどね。


関連仲間と繋がりたいのなら、トラックバックピープルあたりを使った方がいいは思いますが。
Check
2007.09.11 Tuesday 19:47 | comments(0) | trackbacks(0) | Blog | 
 | 1 / 2 PAGES | >>